FC2ブログ
七つの海のときどき航海日誌
七海生産者商会の会長が徒然と書き留めてみた大航海時代の由無しごと。
このまえの週末から、イベントと海域調査を兼ねて、太平洋を右往左往してました。
イベントといっても「世界周航レース」ではなく「世界周航イベント」の方ですけどね
るるるスタートからすでに2か月が過ぎてますが、
やっとようやくイベントに手を出す気になったのでした。

イベントの中身は、いろんなところから聞こえてきた評判からうちが勝手に想像したのとはちょっと違って、案外シリアス。
マゼランの航海を追体験できるような中々奥深い作りになっててマル○。
少し前に新紀元社TruthInFantasyシリーズの「大航海時代」を読んだうちにとっては、
ますますいろんなお話が思い起こされて、より印象的です。

マゼラン海峡を越えて太平洋へ出ると、雄大な音楽と広大な海が出迎えてくれます。
海や街の音楽はちょっぴり大航海時代IIIを彷彿させるもの。
どれかの曲のリメイクかな~?とか思ったですけど、どうもそうじゃないみたい。
海域調査も兼ねてたので、マゼラン海峡から太平洋を北へ南へ蛇行しながらワンガヌイへ。
極彩色
極彩色の街にしばらくぼお~っとみとれます
季節が変わるのを待ってもう一度ワンガヌイから太平洋を東へ往復。
それから最後の新大陸・オーストラリアを反時計回りにぐるりとまわり、
もう一度季節が変わるのを待って、今度は時計回りにぐるりと半周。
久々に相当長い距離を航海できました
退屈じゃないかって?いやいやそんなことありません。
気持ちは半分かそぞろくらいの意気込みにしておいて、
ぼお~んやりと眺めているとこれほど心地よいものはないですから
陽の光波の音心地よい音色夜空の星々
どれをとっても「心地よい」が一番当てはまる言葉だと思うのですよね。

一通りの調査が終わったので、イベントは途中でほっぽってその足でカリブへ。
商会のみんなで集まって、カリブツアー&いろいろ生産をしてみました。
(写真忘れちゃったのでまたあとで)
うちはボラの民のチュニカを作ってもらって大喜び
これ密かにずーっと着たいな~って思ってた服だったので、喜びもひとしおなのです
ふぃーしゃんとそにやんと3人で並んでみると‥‥
弥生人?
「弥生人?!」
なんか久々にみんなで集まれたのもちょっと嬉しかったのでした♪

集まると言えば‥
太平洋を渡っていて、絶好の遠足ポイントを見つけちゃいました。
またみんなで行けるといいなあ~‥なんて思ったのでした

コメント
この記事へのコメント
写真追加してみましたあ~♪
2007/11/01(Thu) 15:42 | とき URL #79D/WHSg[ 編集]
|-`).。oO(工芸で弥生式土器が生産可能になるらすぃ
2007/11/07(Wed) 19:36 | クレッチマー URL #79D/WHSg[ 編集]
それお家に飾りたい!(*゚∀゚)=3
せっかくだからお家も高床式に‥
2007/11/08(Thu) 15:46 | とき URL #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック