FC2ブログ
七つの海のときどき航海日誌
七海生産者商会の会長が徒然と書き留めてみた大航海時代の由無しごと。
ももの裏稼業繁盛記

まいど、ももでっす。
冒険がひと段落着いたので、船大工に転職しちゃいました~
格好だけは1人前っ!
ほんとにひっさびさの戦闘職
以前海事をやっていたのが10月のことですから、
まるまる3ヶ月は海事から遠ざかってました。
や、ほんとにね、
これだけ間が空いちゃうと、感覚忘れちゃうんだよね~
ひーひー言いながらワルい人たちに立ち向かう日々ですよぅ。

あの狂気の海へ・・・
海事といったらまずジェノヴァ!
や、あながち間違いじゃないと思うのですよ。
レベル10ない人から25を越える人まで、
楽しめるクエやNPCが集まっている街ですから~。
というわけで、転職したら何はともあれジェノヴァに向かいます。
ジェノヴァで、先に海事訓練に入っていたれぶさんと合流。
れぶさんは戦闘Lv25、あたしはLv13・・・その差12Lv。

艦隊平均±6が、経験値を普通にもらえる限界点なので、
ほんとぎりぎりの艦隊です
まずは感覚を取り戻そうと、小手調べに、
ジェノヴァクエの商船狩りとチュニスクエの護送船を往復することに。
チーク製ババガレ♪もちろん自作
あたしはこの日のために新調したバーバリアンガレーに乗っていざ出陣
リスボンで初売り価格でお安く買い込んだ、
名匠ペリエ14門と名匠アンフェール14門がキラリと光ってます♪
・・・でもでも、れぶさんの船はでっかいでっかい銅張り大型ガレオン船
横にいると、まるでバルシャに乗った気分になるのです
れぶの船でっかい・・・
さてさて、ふたりでクエに出向くと、商船狩りはガレーが6隻、
護送船は戦闘用キャラックが8隻ほど出てきます。
マウス捌きを忘れちゃったあたしはほんっと、足手まとい状態
1往復しただけでクリティカル6発、帆を破くこと4回、浸水3回・・・
そのたびにれぶさんに助けてもらうあたし・・・
ふがいなさに思わず黄昏れたくなっちゃったわけで。
ジェノヴァの海で黄昏れる・・・
あぁ・・・海事って辛いなぅ・・・

その後、れぶさんと相談して、クエよりNPCの悪い人をやっつけたほうが、
たくさん経験値がもらえるんじゃないかという話しになりました。
どこ行こっか・・・カナリア沖とかかなぁ?
「くれさんの真似してバルト海とか行ってみようか?」
「くれさん来たら拉致るw」
海事はひとりでやるより人数の多いほうが気持ちも楽なのですよね~♪
ふたつ返事でOKを出したあたし。
でも、ちょっとまって・・・・。今なんて?
バルト海?!ぁぁぁ・・・あの狂気の海ですかっ

10/17:続・ももの航海日記。
バルト海は狂気の海として、あたしの心に刻み込まれたのでした。
・・・・・もういかない


あれ以来一度も足を運んだことのなかったバルト海っ!
鉛色の空と、体を貫く冷気と、舞い散る粉雪に包まれた、バルト海っ!
ヴァイキングさんやバルト海賊さん、そして何より、
大自然の脅威、猛吹雪の吹き荒れる、あのっバルト海ですかっ!!
(しつこい・・・

どうなるあたしっ!ど~なるのっ!
つづくっ


▲閉じちゃう▲
海事といったらまずジェノヴァ!
や、あながち間違いじゃないと思うのですよ。
レベル10ない人から25を越える人まで、
楽しめるクエやNPCが集まっている街ですから~。
というわけで、転職したら何はともあれジェノヴァに向かいます。
ジェノヴァで、先に海事訓練に入っていたれぶさんと合流。
れぶさんは戦闘Lv25、あたしはLv13・・・その差12Lv。

艦隊平均±6が、経験値を普通にもらえる限界点なので、
ほんとぎりぎりの艦隊です
まずは感覚を取り戻そうと、小手調べに、
ジェノヴァクエの商船狩りとチュニスクエの護送船を往復することに。
チーク製ババガレ♪もちろん自作
あたしはこの日のために新調したバーバリアンガレーに乗っていざ出陣
リスボンで初売り価格でお安く買い込んだ、
名匠ペリエ14門と名匠アンフェール14門がキラリと光ってます♪
・・・でもでも、れぶさんの船はでっかいでっかい銅張り大型ガレオン船
横にいると、まるでバルシャに乗った気分になるのです
れぶの船でっかい・・・
さてさて、ふたりでクエに出向くと、商船狩りはガレーが6隻、
護送船は戦闘用キャラックが8隻ほど出てきます。
マウス捌きを忘れちゃったあたしはほんっと、足手まとい状態
1往復しただけでクリティカル6発、帆を破くこと4回、浸水3回・・・
そのたびにれぶさんに助けてもらうあたし・・・
ふがいなさに思わず黄昏れたくなっちゃったわけで。
ジェノヴァの海で黄昏れる・・・
あぁ・・・海事って辛いなぅ・・・

その後、れぶさんと相談して、クエよりNPCの悪い人をやっつけたほうが、
たくさん経験値がもらえるんじゃないかという話しになりました。
どこ行こっか・・・カナリア沖とかかなぁ?
「くれさんの真似してバルト海とか行ってみようか?」
「くれさん来たら拉致るw」
海事はひとりでやるより人数の多いほうが気持ちも楽なのですよね~♪
ふたつ返事でOKを出したあたし。
でも、ちょっとまって・・・・。今なんて?
バルト海?!ぁぁぁ・・・あの狂気の海ですかっ

10/17:続・ももの航海日記。
バルト海は狂気の海として、あたしの心に刻み込まれたのでした。
・・・・・もういかない


あれ以来一度も足を運んだことのなかったバルト海っ!
鉛色の空と、体を貫く冷気と、舞い散る粉雪に包まれた、バルト海っ!
ヴァイキングさんやバルト海賊さん、そして何より、
大自然の脅威、猛吹雪の吹き荒れる、あのっバルト海ですかっ!!
(しつこい・・・

どうなるあたしっ!ど~なるのっ!
つづくっ

コメント
この記事へのコメント
なんだ、そんなトラウマがあったのかw
でももう怖くないでしょ?^^
2006/01/06(Fri) 17:19 | RAVELN URL #79D/WHSg[ 編集]
(´-`).。oO(謀られた・・・
2006/01/06(Fri) 22:24 | クレッチマー URL #79D/WHSg[ 編集]
(´-`).。oO(次はかりぶ。。。
2006/01/07(Sat) 01:34 | ときねこ URL #79D/WHSg[ 編集]
[インド]⊂(´∀`⊂⌒`つ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
2006/01/10(Tue) 01:16 | クレッチマー URL #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック