FC2ブログ
七つの海のときどき航海日誌
七海生産者商会の会長が徒然と書き留めてみた大航海時代の由無しごと。
昨日はほんと久しぶりにお料理バトルに没頭しちゃいました。
10月に作って以来だから、ほとんど2ヵ月半ぶり。
今回もねこさんの「ごはん・・・」の声をきっかけに、
あたしのお料理魂に突然火がついちゃったのでした

今回は何皿出来あがるやら
前回の記録は、羊肉のワイン煮込み3750皿という、ちょっととんでもないもの
お料理中ず~~~~っと、くーちゃんがブーメランしながら、
ローズマリーを補充しつづけるという、かなり過酷な戦いでした。
今回チャレンジするのは、鶏丸焼きニンニク詰め。
前回のバトルで調理Rが13に上がっていたので、
ベルベットリボンでブーストしてお手軽に作れます♪
(や、あれからお料理サボってたとか言わないで

まずはあるさんとねこさんにお願いして、
マラガで大量のガーリックを買い込んでおいてもらいます。
あるさんは香辛料取引を持ってるので、
ガーリックの買い込みもかな~り楽に済ませることが出来ちゃいます。
やっぱりお料理には香辛料取引必須なのかなぁ・・・なんて思いながら、
あたしはぐりちゃんくるみんとファロで集合、鶏肉を船倉に満載します。
ももちゃんとふたりで950樽・・・・いったい何kgあるのか考えたくもない分量です。
ぐりちゃんくるみんのふたりにはブランデーの密造(!)をお願いして、
材料が揃ったらマラガの酒場へ集合。
あとからさしゃさんふみやんらぴちゃんもお手伝いに参加してくれました。

ご協力感謝♪
みんなお手伝いありがとう♪(誰か埋まってるけど気にしない)

材料が揃ったところで、
さあ、お料理バトルの開幕です・・・・

○ 鶏の丸焼き
鶏・・・・・・・・・・丸々1羽
ニンニク・・・・1個
塩コショウ・・適量
ブランデー・・適量
オリーブオイル・・適量
その他お好みで、鶏の中に詰める具材を用意しましょう。
タマネギニンジンなどのお野菜や、リゾットなどもよいでしょう。
ブランデーは白ワインなどでも代用できます。

1.鶏肉全体にブランデーをふって、塩コショウをまぶします。
  塩コショウはお腹の中までまんべんなくまぶしましょう。
2.野菜などの具材はあらかじめ下準備をすませておきます。
  ニンニク1個と一緒に、鶏のお腹に詰めこみます。
3.鶏肉全体にオリーブオイルを塗ったら、フライパンに乗せて、
  200℃くらいにしっかりと予熱したオーブンの中へ。
4.あとはじっくりとローストしていきます。
  このとき、5~7分おきくらいにフライパンを取り出し、
  鶏から出た油とオリーブオイルをスプーンですくって、
  上からかける(アロゼといいます)を繰り返します。
5.40分くらいローストして、表面がキツネ色になれば出来上がり♪
  鶏肉のうまみをしっかりと閉じ込めた絶品です♪

マラガの酒場のオーブンを独占しちゃったあたしたち。
マスターの渋い顔なんてなんのその!

「嬢ちゃん困るんだけどなぁ・・・お客の注文聞けやしないじゃねぇか」
いいじゃない、他の人にはお手軽簡単、生ハム出しとけば?
どうせ生ハム頼む人がほとんどでしょうに。
それにうちは嬢ちゃんじゃないっ!
「いや、そうじゃなくてだなぁ・・・どうしてうちの窯を使うのかって聞いて・・」
うるさいわねぇ。生ハムとミルクどれだけ注文してると思ってるのよ?
ちょっとくらい窯使わせてくれたって、撥あたんないでしょ?
「う・・・うぅ~む~・・・・」

鶏の丸焼きニンニク詰め。調理R14の一品です。

結局、生ハムミルクセット、全部で145セット注文しましたょ
生ハムミルクの魔力で、フライパンが鶏を乗せて酒場をぶんぶん飛び交います。

ふみやんはピザ作成中

一度に2~3皿分を作んなきゃいけないので、
フライパンの上でニンニク詰めた鶏さんがぎゅーぎゅー詰めに
マスターの青い顔を横目に、黙々とお料理に立ち向かうこと2時間あまり・・・
2800皿分の鶏さんが見事な色艶に焼きあがりました~♪
同時にあたしの調理ランクが15にヾ(゚∀゚)ノ゙
これもひとえに、みんなの協力の賜物です。みんなに感謝(-人)

というわけで、偉大な記録を打ち破ることは出来ませんでしたけど、
無事(?)、お料理バトルの幕を下ろすことが出来ました。
今回は前回よりもなんだか気持ちが楽だった気がするのは気のせいでしょうか?
前回はひどく荒んでたような記憶が・・・
ともあれ、またお料理が大量に必要になったら、みんなで呼んでくださいな~。
気持ちが乗れば・・・お料理バトル再開するよ~

しっかりオチがつきました♪

最後に、みんなで記念撮影♪
ねこさんは待ちくたびれて見事に寝落ち・・・
素敵なオチもつきました


▲閉じちゃう▲
前回の記録は、羊肉のワイン煮込み3750皿という、ちょっととんでもないもの
お料理中ず~~~~っと、くーちゃんがブーメランしながら、
ローズマリーを補充しつづけるという、かなり過酷な戦いでした。
今回チャレンジするのは、鶏丸焼きニンニク詰め。
前回のバトルで調理Rが13に上がっていたので、
ベルベットリボンでブーストしてお手軽に作れます♪
(や、あれからお料理サボってたとか言わないで

まずはあるさんとねこさんにお願いして、
マラガで大量のガーリックを買い込んでおいてもらいます。
あるさんは香辛料取引を持ってるので、
ガーリックの買い込みもかな~り楽に済ませることが出来ちゃいます。
やっぱりお料理には香辛料取引必須なのかなぁ・・・なんて思いながら、
あたしはぐりちゃんくるみんとファロで集合、鶏肉を船倉に満載します。
ももちゃんとふたりで950樽・・・・いったい何kgあるのか考えたくもない分量です。
ぐりちゃんくるみんのふたりにはブランデーの密造(!)をお願いして、
材料が揃ったらマラガの酒場へ集合。
あとからさしゃさんふみやんらぴちゃんもお手伝いに参加してくれました。

ご協力感謝♪
みんなお手伝いありがとう♪(誰か埋まってるけど気にしない)

材料が揃ったところで、
さあ、お料理バトルの開幕です・・・・

○ 鶏の丸焼き
鶏・・・・・・・・・・丸々1羽
ニンニク・・・・1個
塩コショウ・・適量
ブランデー・・適量
オリーブオイル・・適量
その他お好みで、鶏の中に詰める具材を用意しましょう。
タマネギニンジンなどのお野菜や、リゾットなどもよいでしょう。
ブランデーは白ワインなどでも代用できます。

1.鶏肉全体にブランデーをふって、塩コショウをまぶします。
  塩コショウはお腹の中までまんべんなくまぶしましょう。
2.野菜などの具材はあらかじめ下準備をすませておきます。
  ニンニク1個と一緒に、鶏のお腹に詰めこみます。
3.鶏肉全体にオリーブオイルを塗ったら、フライパンに乗せて、
  200℃くらいにしっかりと予熱したオーブンの中へ。
4.あとはじっくりとローストしていきます。
  このとき、5~7分おきくらいにフライパンを取り出し、
  鶏から出た油とオリーブオイルをスプーンですくって、
  上からかける(アロゼといいます)を繰り返します。
5.40分くらいローストして、表面がキツネ色になれば出来上がり♪
  鶏肉のうまみをしっかりと閉じ込めた絶品です♪

マラガの酒場のオーブンを独占しちゃったあたしたち。
マスターの渋い顔なんてなんのその!

「嬢ちゃん困るんだけどなぁ・・・お客の注文聞けやしないじゃねぇか」
いいじゃない、他の人にはお手軽簡単、生ハム出しとけば?
どうせ生ハム頼む人がほとんどでしょうに。
それにうちは嬢ちゃんじゃないっ!
「いや、そうじゃなくてだなぁ・・・どうしてうちの窯を使うのかって聞いて・・」
うるさいわねぇ。生ハムとミルクどれだけ注文してると思ってるのよ?
ちょっとくらい窯使わせてくれたって、撥あたんないでしょ?
「う・・・うぅ~む~・・・・」

鶏の丸焼きニンニク詰め。調理R14の一品です。

結局、生ハムミルクセット、全部で145セット注文しましたょ
生ハムミルクの魔力で、フライパンが鶏を乗せて酒場をぶんぶん飛び交います。

ふみやんはピザ作成中

一度に2~3皿分を作んなきゃいけないので、
フライパンの上でニンニク詰めた鶏さんがぎゅーぎゅー詰めに
マスターの青い顔を横目に、黙々とお料理に立ち向かうこと2時間あまり・・・
2800皿分の鶏さんが見事な色艶に焼きあがりました~♪
同時にあたしの調理ランクが15にヾ(゚∀゚)ノ゙
これもひとえに、みんなの協力の賜物です。みんなに感謝(-人)

というわけで、偉大な記録を打ち破ることは出来ませんでしたけど、
無事(?)、お料理バトルの幕を下ろすことが出来ました。
今回は前回よりもなんだか気持ちが楽だった気がするのは気のせいでしょうか?
前回はひどく荒んでたような記憶が・・・
ともあれ、またお料理が大量に必要になったら、みんなで呼んでくださいな~。
気持ちが乗れば・・・お料理バトル再開するよ~

しっかりオチがつきました♪

最後に、みんなで記念撮影♪
ねこさんは待ちくたびれて見事に寝落ち・・・
素敵なオチもつきました

コメント
この記事へのコメント
皆様の作った丸焼き、先日受け取りますた。
ごちになります<(_ _)>
自分も調理スキルR5あるけど、最近全然あがっとりません
今やただの肉屋と化しておりまふ(;´Д`)
2006/01/06(Fri) 01:16 | クレッチマー URL #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック