FC2ブログ
七つの海のときどき航海日誌
七海生産者商会の会長が徒然と書き留めてみた大航海時代の由無しごと。
週末を利用して、インド行ってきましたょ~
インドの神秘で貸金庫が増えるっていう噂を聞いて、
さいさんめるさんくーちゃんと、
初インドのべーさんも一緒に、5人でお出かけしてきました♪
向かい風はジーッベックのさいさんに、
追い風はいつになく幸多いくーちゃんに引っ張ってもらって、
なんとも楽ちん航海しちゃいました
いやはやお役に立てずに申し訳ない

書き終わりました~♪
インドの神秘の噂が広まって初めての週末。
みんながインド行きとなると、
話を聞きつけた海賊さんが増えてる可能性もあるけれど、
みんなで行けば、きっと怖くないよね?
かいぞくさんに出会わないことを祈りましょう~

行きは、プレステ・ジョアンの国というクエストを受けて、
まずはまっすぐマッサワへ向かいます。
喜望峰までは向かい風、ジーベック乗りのさいさんにおまかせしちゃいます。
喜望峰をまわってからはずっと追い風、
こんどはフリゲート乗りのくーちゃんにおまかせしちゃいました
なんかあたしはいつもお役に立てないな~

そういえばくーちゃんは今回の旅の直前から、
妙にいつもの薄幸が遠のいてるらしくて♪
元々生粋の冒険者のくーちゃん。
測量もなしに、ぐいぐい引っ張ってってくれちゃう姿はなんだか頼もしい♪

アデンに寄って、サハル君にご挨拶したら、
そのまままっすぐマッサワに向かいます。
ものすごく高~~~~~ぃ石柱がそびえたつアクスム石柱群を発見です
アクスム遺跡~

・・・なんだか怪しい雰囲気が・・・
・・・きょうそさまきょうそさま?
・・・ここがせいちなのですか?
教祖様はあたらしい弟子を手に入れたようで♪

遺跡見物を終えたら、カリカットへ直行です。
深夜帯に入って、みんなそろそろおねむの頃。
はやく着かないと誰か寝落ちしちゃいそうで
さすがにカリカット近海もひと気が少なくなる頃に到着~。
みんなで銀行へダッシュします!
さあ!、インドの神秘を見せてちょーだい
インドの神秘~

太守、太守・・・
太守ってあのふてぶてしくっていやらしい人ですょね?
そんな人にもらいたくなーい
・・・とか思いましたけど、
金庫増えたのは正直嬉しい♪
・・・・現金だね。あたし

インドについたらみんな眠気がどっと来たのか、順番にお休み。Zzz
あたしも少しぶらついてから、明日に備えて(?)お休みすることにしました。

・・・・・

ヽ(゚∀゚)ノ☆パッ
おはようございます~(_,_,)_
え~、インド二日目を迎えました。
ここまで大きな不幸にも見舞われず、わりと平穏に再び陽の目を見ることが出来たわけですが、
はたして、私たちは無事に欧州まで帰り着くことができるのでしょうか、
そして、べーさんは全港制覇の夢を成し遂げることができるのでしょうか~
神秘のインド紀行二日目のスタートです♪

帰り支度に宝石を積みながら、近海をうろちょろしてみました。
みんなもちょこちょこ顔を出して、インドを楽しんでるみたい。
そんなみんなの様子ものぞいてみましょう~。

さいさんは朝からディヴ星人だった様子。
ディブの様子も、以前と比べると少しずつ変わって来てるよね~。
近頃はまとめ売り効果が少なくなった影響か、
縫製した品をバザーで売っている方が多く見られました。
それでも縫製にかける職人さんたちの熱い心意気はいつになっても変わりませんね♪
たとえブーメランが実質不能になっても、
この地にかける人々の熱い想いはかわらないんじゃないかな~

べーさんはカリカットで造船屋さんをみつけて、
念願のサムブークをゲットしていましたっけ。
船倉+16%のチーク製で、お値段は4M!
お金持ちさんは違うなぅ・・・

あたしはだなさんからの頼まれ物、名工の大工道具を買いに、
ペルシャ湾最奥の港、バスラへ向かいます。
あたしがココで使ったお金も、実は4M!
名工の大工道具、単価20,000Dですもんね。
半分はだなさんからの預かり物、もう半分は自前です。

さてさて、それじゃあ、用事もなくなったことだし、
ペルシャ湾からさっさと出ちゃいましょう。
なんせNPC海賊さんがうようよしています。
以前はついついブーメラン中に寝落ちしちゃって、
気が付いたら白旗で浮いてたこともあるあたし
気を引き締めていかなきゃ・・・

とか行ってるそばから!!
盗賊団があたしに襲い掛かってきます!
盗賊団は盗賊団でも、地中海に浮いてるようなバルシャ艦隊じゃなくって、
この人たちあらびゃんに乗ってるんですよぅ
停戦協定状!・・・あ、これアラビア語に訳してないじゃない・・・
・・・こっちだ、停戦協定状!
・・・
ふぃ~。
盗賊団さんはぶつくさ言いながら離れてってくれました。
今月のアップデートから、一度離れてった海賊さんは、
しばらくの間ぶつくさ言いながらも襲わずにいてくれるようになったので、
こちらにとっては大助かりです^^;

ごきげんよ~、なんて手を振るあたし。
前をよく見てなかったのは確かに悪いんだけど・・・
きゃー!すっかり囲まれてる~!
ちょっと待ってょ、あなた達なんでそんなところに浮いてるのっ!
あたしの言葉が通じないのか、はたまた聞こえないふりしてるのか、
アラブ海賊さんがあたしの行く手を阻みますっ
えーい、天下の御紋ょ!停戦協定状!
・・・・・あれ?ねえ、見えないの?停戦協定状!
わわわ!撃ってきた~!ドドドド~ン
相手は武装ジーベック、こちらは装甲もつけてないサムブークです。
たった一撃で耐久度は半減、帆は損傷!
慌てて予備帆を張って、船の損傷を修理します。
それでもなお撃ち方をやめない海賊さん。
ねえ、お願いみてよー!停戦協定状!
あぁ・・・また無視された・・・そして次の一撃が襲ってきますドドドド~ン
また帆が破れて、さらに今度は船底に穴がっ!耐久度もかなり危険な状態!
船速が落ちたのをみはからって、海賊さんは白兵戦を挑んでくるし~っ!
乗り込んできた海賊さんに向かって停戦協定状を突きつけた時、あたしは気づきました。
この人たち泥酔してるやんっ!そりゃ字も読めないよぉ~(>_<;
撤収の鐘をひと鳴らしすると、疑いもせずに船に戻っていく酔っ払い海賊さんたち・・・
・・・やばい、こんな人たち相手にしてらんない・・・
急いで離脱の準備をするあたし。
でも、船底に穴があいて、帆もぼろぼろ、資材もとうとう底をついちゃいました!!
海賊さんはすぐそこに迫ってます!絶体絶命っ!
・・・あーん、今宝石一杯積んでるんだよぉ、難破したくないよぉ~
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
最後の望みの停戦協定状!

泣き出したあたしを見て同情したんでしょうか・・・
海賊さんたちとうとう折れてくれました。
結局拒否された停戦協定状は7枚・・・
なんだかすっかりぼろぼろにされちゃったあたし。
・・・・・もてあそばれちゃったょぅ

怖いのですぐそばの上陸地点に逃げ込みます。
しばらく海賊さんの顔を見たくありません・・・
ふてくされて草をむしってたんですが、ここでふと思い出しました。
そういえば前回インドに来た時に消費し忘れた地図があったんだっけ。
バインダーを広げてみると、ちょうどこの場所の奥地の地図を見つけました♪
よ~し、いってみよ~♪

手持ちに残ってた地図なのでした

うん、やっぱりこうして冒険をかじると、
発見の楽しさってやめられないですよね~♪
ちょっぴり気が晴れたので、恐る恐る、船着場から外をのぞいてみます。
・・・あれ、いない。
さっきまであんなにうようよしていたのが嘘みたいに、あたりに船影が見当たりません。
ほっ
なんとかかんとか、ホルムズまで帰りついたあたしでした。


夕方にはみんなお出かけして、あたしひとりになっちゃってましたが、
夜になってみんな続々と帰ってきました。
べーさんも戻ってきたので、案内がてらインドの東部へ。
カリカットでついでにクエを受けようと思ったんですけど、
新規港であるインドの東側に向けたクエってほとんどないのが現状です。
しょうがないのでふたりして、手ぶらでぶらぶら、港だけを巡ってきました。

カリカットに戻ったところでめるさんも合流。
べーさんの港めぐりを兼ねて、各駅停車で欧州に戻ります。
まずはクエを受けて、ディヴ経由でアデンへ。
アデン近海でジーベック相手にどんぱちやっているくーちゃんをちょっと応援。
(今日は幸が薄いみたいだから素早く退散)
そのまま紅海最奥の港、スエズへ向かいます。

・・・ここはいつきてもなんだかじめ~っとしてやなところです。
風がねっとりとまとわりつく感じがするし、
藻もしっかりとまとわりついてくれるし・・・
うなされながらもなんとか到着。
スエズはこれが多分3度目です。
スエズにはラクダさんが座ってるんですょ♪
まあ、この隊商のおやぢさんには、
いくらいってもあたしをカイロまで連れてってくれる気配がなくって腹が建ちますけれど。
今回は初めてまじまじとラクダさんを観察してみました~

カイロまで連れてって

う~ん。つぶらですね~。
つぶら過ぎて怖いなんていう人もいるかもですね~。

折り返して今度はペルシャ湾。
昼間とは打って変わって、ずいぶんと静かな海を抜け、
ホルムズ・バスラとたどっていきます。
ペルシャ湾からはそのままアフリカ東部を南下することに。
あとはクエを受けつつ、ただひたすらに欧州を目指します。
幸いなことに時間は深夜帯。
海賊さんも寝静まる頃です。
おばちゃんはきょうも元気~
洋上に出たら検索を駆使して危険そうな人物を確認し、
港前では見張りを立てて、不審なガレー船がいないかをチェック、
港ではおばちゃんに挨拶もして・・・(?)
ずーっとこれを繰り返し、繰り返し・・・
リスボンに帰り着いたのは夜明け前でした
でも、おかげで嵐に遭うこともなく、今回も無事に帰還できました。
幸運に感謝(-人)
それから、リスボンの出航所前で祈ってくれたあの人にも(人-)感謝♪

今回もなんだか色々ありましたけれど、みんな無事に戻ってくることが出来ました。
それなりに収穫もあったので、また行きたくなってるあたしです♪
今度はくろちゃんのイベントかな~
これからもいい航海が出来ればいいな~っと願うばかりです~


▲閉じちゃう▲
インドの神秘の噂が広まって初めての週末。
みんながインド行きとなると、
話を聞きつけた海賊さんが増えてる可能性もあるけれど、
みんなで行けば、きっと怖くないよね?
かいぞくさんに出会わないことを祈りましょう~

行きは、プレステ・ジョアンの国というクエストを受けて、
まずはまっすぐマッサワへ向かいます。
喜望峰までは向かい風、ジーベック乗りのさいさんにおまかせしちゃいます。
喜望峰をまわってからはずっと追い風、
こんどはフリゲート乗りのくーちゃんにおまかせしちゃいました
なんかあたしはいつもお役に立てないな~

そういえばくーちゃんは今回の旅の直前から、
妙にいつもの薄幸が遠のいてるらしくて♪
元々生粋の冒険者のくーちゃん。
測量もなしに、ぐいぐい引っ張ってってくれちゃう姿はなんだか頼もしい♪

アデンに寄って、サハル君にご挨拶したら、
そのまままっすぐマッサワに向かいます。
ものすごく高~~~~~ぃ石柱がそびえたつアクスム石柱群を発見です
アクスム遺跡~

・・・なんだか怪しい雰囲気が・・・
・・・きょうそさまきょうそさま?
・・・ここがせいちなのですか?
教祖様はあたらしい弟子を手に入れたようで♪

遺跡見物を終えたら、カリカットへ直行です。
深夜帯に入って、みんなそろそろおねむの頃。
はやく着かないと誰か寝落ちしちゃいそうで
さすがにカリカット近海もひと気が少なくなる頃に到着~。
みんなで銀行へダッシュします!
さあ!、インドの神秘を見せてちょーだい
インドの神秘~

太守、太守・・・
太守ってあのふてぶてしくっていやらしい人ですょね?
そんな人にもらいたくなーい
・・・とか思いましたけど、
金庫増えたのは正直嬉しい♪
・・・・現金だね。あたし

インドについたらみんな眠気がどっと来たのか、順番にお休み。Zzz
あたしも少しぶらついてから、明日に備えて(?)お休みすることにしました。

・・・・・

ヽ(゚∀゚)ノ☆パッ
おはようございます~(_,_,)_
え~、インド二日目を迎えました。
ここまで大きな不幸にも見舞われず、わりと平穏に再び陽の目を見ることが出来たわけですが、
はたして、私たちは無事に欧州まで帰り着くことができるのでしょうか、
そして、べーさんは全港制覇の夢を成し遂げることができるのでしょうか~
神秘のインド紀行二日目のスタートです♪

帰り支度に宝石を積みながら、近海をうろちょろしてみました。
みんなもちょこちょこ顔を出して、インドを楽しんでるみたい。
そんなみんなの様子ものぞいてみましょう~。

さいさんは朝からディヴ星人だった様子。
ディブの様子も、以前と比べると少しずつ変わって来てるよね~。
近頃はまとめ売り効果が少なくなった影響か、
縫製した品をバザーで売っている方が多く見られました。
それでも縫製にかける職人さんたちの熱い心意気はいつになっても変わりませんね♪
たとえブーメランが実質不能になっても、
この地にかける人々の熱い想いはかわらないんじゃないかな~

べーさんはカリカットで造船屋さんをみつけて、
念願のサムブークをゲットしていましたっけ。
船倉+16%のチーク製で、お値段は4M!
お金持ちさんは違うなぅ・・・

あたしはだなさんからの頼まれ物、名工の大工道具を買いに、
ペルシャ湾最奥の港、バスラへ向かいます。
あたしがココで使ったお金も、実は4M!
名工の大工道具、単価20,000Dですもんね。
半分はだなさんからの預かり物、もう半分は自前です。

さてさて、それじゃあ、用事もなくなったことだし、
ペルシャ湾からさっさと出ちゃいましょう。
なんせNPC海賊さんがうようよしています。
以前はついついブーメラン中に寝落ちしちゃって、
気が付いたら白旗で浮いてたこともあるあたし
気を引き締めていかなきゃ・・・

とか行ってるそばから!!
盗賊団があたしに襲い掛かってきます!
盗賊団は盗賊団でも、地中海に浮いてるようなバルシャ艦隊じゃなくって、
この人たちあらびゃんに乗ってるんですよぅ
停戦協定状!・・・あ、これアラビア語に訳してないじゃない・・・
・・・こっちだ、停戦協定状!
・・・
ふぃ~。
盗賊団さんはぶつくさ言いながら離れてってくれました。
今月のアップデートから、一度離れてった海賊さんは、
しばらくの間ぶつくさ言いながらも襲わずにいてくれるようになったので、
こちらにとっては大助かりです^^;

ごきげんよ~、なんて手を振るあたし。
前をよく見てなかったのは確かに悪いんだけど・・・
きゃー!すっかり囲まれてる~!
ちょっと待ってょ、あなた達なんでそんなところに浮いてるのっ!
あたしの言葉が通じないのか、はたまた聞こえないふりしてるのか、
アラブ海賊さんがあたしの行く手を阻みますっ
えーい、天下の御紋ょ!停戦協定状!
・・・・・あれ?ねえ、見えないの?停戦協定状!
わわわ!撃ってきた~!ドドドド~ン
相手は武装ジーベック、こちらは装甲もつけてないサムブークです。
たった一撃で耐久度は半減、帆は損傷!
慌てて予備帆を張って、船の損傷を修理します。
それでもなお撃ち方をやめない海賊さん。
ねえ、お願いみてよー!停戦協定状!
あぁ・・・また無視された・・・そして次の一撃が襲ってきますドドドド~ン
また帆が破れて、さらに今度は船底に穴がっ!耐久度もかなり危険な状態!
船速が落ちたのをみはからって、海賊さんは白兵戦を挑んでくるし~っ!
乗り込んできた海賊さんに向かって停戦協定状を突きつけた時、あたしは気づきました。
この人たち泥酔してるやんっ!そりゃ字も読めないよぉ~(>_<;
撤収の鐘をひと鳴らしすると、疑いもせずに船に戻っていく酔っ払い海賊さんたち・・・
・・・やばい、こんな人たち相手にしてらんない・・・
急いで離脱の準備をするあたし。
でも、船底に穴があいて、帆もぼろぼろ、資材もとうとう底をついちゃいました!!
海賊さんはすぐそこに迫ってます!絶体絶命っ!
・・・あーん、今宝石一杯積んでるんだよぉ、難破したくないよぉ~
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
最後の望みの停戦協定状!

泣き出したあたしを見て同情したんでしょうか・・・
海賊さんたちとうとう折れてくれました。
結局拒否された停戦協定状は7枚・・・
なんだかすっかりぼろぼろにされちゃったあたし。
・・・・・もてあそばれちゃったょぅ

怖いのですぐそばの上陸地点に逃げ込みます。
しばらく海賊さんの顔を見たくありません・・・
ふてくされて草をむしってたんですが、ここでふと思い出しました。
そういえば前回インドに来た時に消費し忘れた地図があったんだっけ。
バインダーを広げてみると、ちょうどこの場所の奥地の地図を見つけました♪
よ~し、いってみよ~♪

手持ちに残ってた地図なのでした

うん、やっぱりこうして冒険をかじると、
発見の楽しさってやめられないですよね~♪
ちょっぴり気が晴れたので、恐る恐る、船着場から外をのぞいてみます。
・・・あれ、いない。
さっきまであんなにうようよしていたのが嘘みたいに、あたりに船影が見当たりません。
ほっ
なんとかかんとか、ホルムズまで帰りついたあたしでした。


夕方にはみんなお出かけして、あたしひとりになっちゃってましたが、
夜になってみんな続々と帰ってきました。
べーさんも戻ってきたので、案内がてらインドの東部へ。
カリカットでついでにクエを受けようと思ったんですけど、
新規港であるインドの東側に向けたクエってほとんどないのが現状です。
しょうがないのでふたりして、手ぶらでぶらぶら、港だけを巡ってきました。

カリカットに戻ったところでめるさんも合流。
べーさんの港めぐりを兼ねて、各駅停車で欧州に戻ります。
まずはクエを受けて、ディヴ経由でアデンへ。
アデン近海でジーベック相手にどんぱちやっているくーちゃんをちょっと応援。
(今日は幸が薄いみたいだから素早く退散)
そのまま紅海最奥の港、スエズへ向かいます。

・・・ここはいつきてもなんだかじめ~っとしてやなところです。
風がねっとりとまとわりつく感じがするし、
藻もしっかりとまとわりついてくれるし・・・
うなされながらもなんとか到着。
スエズはこれが多分3度目です。
スエズにはラクダさんが座ってるんですょ♪
まあ、この隊商のおやぢさんには、
いくらいってもあたしをカイロまで連れてってくれる気配がなくって腹が建ちますけれど。
今回は初めてまじまじとラクダさんを観察してみました~

カイロまで連れてって

う~ん。つぶらですね~。
つぶら過ぎて怖いなんていう人もいるかもですね~。

折り返して今度はペルシャ湾。
昼間とは打って変わって、ずいぶんと静かな海を抜け、
ホルムズ・バスラとたどっていきます。
ペルシャ湾からはそのままアフリカ東部を南下することに。
あとはクエを受けつつ、ただひたすらに欧州を目指します。
幸いなことに時間は深夜帯。
海賊さんも寝静まる頃です。
おばちゃんはきょうも元気~
洋上に出たら検索を駆使して危険そうな人物を確認し、
港前では見張りを立てて、不審なガレー船がいないかをチェック、
港ではおばちゃんに挨拶もして・・・(?)
ずーっとこれを繰り返し、繰り返し・・・
リスボンに帰り着いたのは夜明け前でした
でも、おかげで嵐に遭うこともなく、今回も無事に帰還できました。
幸運に感謝(-人)
それから、リスボンの出航所前で祈ってくれたあの人にも(人-)感謝♪

今回もなんだか色々ありましたけれど、みんな無事に戻ってくることが出来ました。
それなりに収穫もあったので、また行きたくなってるあたしです♪
今度はくろちゃんのイベントかな~
これからもいい航海が出来ればいいな~っと願うばかりです~

コメント
この記事へのコメント
いいな~いいな~おいらも早く行きたいな~
いつか商会メンバーと艦隊組んで来ることを夢見つつ^^
うらやましがるクロちゃんなのでした~
2005/10/10(Mon) 18:46 | クロちゃん URL #79D/WHSg[ 編集]
む、金庫増やしてきたんだね♪
イベントリも100個くらいに増えればいいのにねーw
2005/10/11(Tue) 01:32 | RAVELN URL #79D/WHSg[ 編集]
そうだよね~w
5個増えた金庫も、今まで入らなかったお洋服であっという間に埋まっちゃってたりするし^^;
うんうん、次はくろちゃんの番だょ♪
2005/10/11(Tue) 12:52 | とき URL #79D/WHSg[ 編集]
インドでは牽引から個人授業まで
いろいろとアリ(人=)ガトでした♪
次に行く時はビビらないぞ~( ゚д゚)くわっ
(´-`).。oO( ちなみにおらのサムブは15%です… )
2005/10/11(Tue) 19:26 | べい URL #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック