FC2ブログ
七つの海のときどき航海日誌
七海生産者商会の会長が徒然と書き留めてみた大航海時代の由無しごと。
まいどときでござます(o_ _)o
今日は、今開催中の絵画展のご案内。

「フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展」
サブタイトルは
「大航海時代の英知の結晶― ヨーロッパ17世紀のダイナミズムを味わう」

フランクフルトのシュテーデル美術館所蔵の作品群から、
フェルメール、レンブラント、ルーベンスなど、
フランドル絵画ばかり、選りすぐりの95点を集めた展覧会。
まさに「大航海時代」がもたらした富と栄華が生み出した作品たちです。

3/3~5/22までは、渋谷 Bunkamura ザ・ミュージアム
6/11~8/28までは、愛知県の豊田市美術館で開催されます。

公式ページはこちら。http://www.vermeer2011.com/
Bunkamuraの特設ページでは、映像で絵画展の雰囲気を楽しめる仕掛けも。
DOLで美術をたしなむ人にはとても身近に感じられる作品たちじゃないでしょか。
「フェルメール・ブルー」と呼ばれる天然ウルトラマリンを用いた蒼の色合い。
そして「光と影の魔術師」レンブラント。
このふたりの作品が観られるというだけでもおなかイッパイ間違いなし。

「レースを編む女」や「青いターバンの少女」に代表されるフェルメールの作品は
特有の静謐さと独特の緊張感に支配されています。
見るものを惹きこむように主題は極めて精密に、その周囲はゆるやかに。
ピンホールカメラを用いたと言われるその技法と画面構成は、
当時の人々の生きたまさにその一瞬を切り取ったかのよう。
きっと、息をのんで見入ってしまうことでしょう。
是非足を運んでみたい絵画展です。

FC2blog テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム