FC2ブログ
七つの海のときどき航海日誌
七海生産者商会の会長が徒然と書き留めてみた大航海時代の由無しごと。
まいどときでござます(o_ _)o
なんだか疲れてます‥‥
昨日も夜10時には就寝‥‥もちろん航海なんて出来てません。
せっかくアジアが安全化して南蛮日和だっていうのに‥‥
もったいないけど、眠気には逆らえません(;o_ _)o
今夜には東南アジアの、明日の夜には東アジアの安全化が解除されちゃいます。
それまでにはよろぱに帰らないとね‥‥

ところで、ふぉるもさこと台湾について、
‥‥というよりはじぱんぐを含めたアジア全体を、
あれこれじっくり見たことがあまりない気がしてきました。
じぱんぐの光景を目の当たりにしたときに、
あまりにアタリマエすぎて、じっくり見る気にならなかったのかもしれません。
なんて言い訳してみたり。
これからちょっとずつその風景を噛みしめていきたいなあ‥‥
と思ってるわけです。

で、最初になにを選ぼうかと考えて、真っ先に思いついたのがこれ。
ちょうちん
そう、ちょうちんです。
中国や台湾では、ちょうちんのことを「灯籠(タンロン)」と呼びます。
今でも春節や中秋節の時には、真っ赤な灯籠がそこかしこに、
まるで串に刺さった団子のようにたくさんぶら下げられます。
日本のちょうちんは輪になった竹ひごをたくさん重ねて和紙でつないだ形が多いですが、
中国や台湾のちょうちんは、竹ひごを縦に通して、折りたたみできないものが多いそう。
昔は明かりとして使っていたものが、
現在では慶事の飾りなんかに使われているところは同じですねえ。

ふぉるもさでも安平の街の真ん中の木の下にたくさんぶら下がっています。
普段からちょっぴりお祭り気分♪で、
街の音楽の明るさも重なって嬉しい気持ちになっちゃうから不思議(´ω`)
(写真どこにやっちゃったかなあ‥‥)

ところで気になるのは、
たくさん貢献度を積み重ねると、江戸で交易品として出るらしい「提灯」を
「灯籠」がぶら下がってるふぉるもさにもって行くとどうなの?
っていうところですけど‥‥
うちはまだ江戸の貿易許可すらもらってませんからっ!
どうなるのか知ってるヒト、教えてくださーいっ(*o_ _)o


殿オンライン。何それオイシイノ(´・ω・)?

FC2blog テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム