FC2ブログ
七つの海のときどき航海日誌
七海生産者商会の会長が徒然と書き留めてみた大航海時代の由無しごと。
まいどときでござます(o_ _)o
そんなわけ(?)で男と女の愛憎劇、後編です。
ちょっとでもネタバレは嫌!っていう人は、「さっくり」と終わっちゃうから、
こんなトコで読んでないで今すぐリスボンに向かうがよろしかろう(´ω`)



今回のイベントのNPC設置型イベントである「幽霊船奇譚」については、
いつもと比べてずいぶんと、移動範囲を狭くしてあるなあ~と感じましたよ。
それはそれで、中身がしっかりしてれば十分だと思うのです。
「むやみやたらと引っ張りまわされてgdgd」と、
「ちょっと行ってちょっと帰ってなんだかなあ」なら、
後者のほうがいいに決まってるわけで‥‥(え?

まあ要はデスネ。

これが
やじうまー
こうなって
ふるーつー
あれれ?
だれ?
でこうなる。
そんなことでいいの?w
わけです。ええ。


辛めに書いちゃいますね。
背景をしっかり考えてあるのはわかるんですが、
なんというか、途中からみんなしてセリフが能書き並べたようになってきて、
説明くさいのなんのってもう。
なんだか読むに堪えなくなってくるんですよね。
こういうイベントって、エピソードみたいに、挿絵の1枚でも挟み込めないのかしや?
感情移入もなにもあったものじゃないテンポでぽぽぽんと話が飛んでって、
置いていかれちゃった感満点で、話が終了しちゃいました。

最後のオチと締めもいまいちアンバランスな感じ。
たとえばどこかにお墓を配置するだとか、お花が添えられるだとか、
遺跡内部で用途不明になっている?!の類似品を高台においておくだとかですねえ。
そんな感じで、プレイヤーのRPの材料にでもなりそな、
小粋なイベントオブジェクトって作れないんですかねえ?

そしてやっぱりかーのアイテム配布。
いくら金庫が増えたとはいえ、イベントのたびにバラマキ考えるよりも、
誰かの記憶に残る、印象的なイベントにしてってもらいたいと思うのです(´・ω・)

でも今回は、いつもの非道いお使いイベントに偏りすぎなくて、
ちょっとは良かったのかもしれません。
人それぞれですけど、公式イベント開催してくれるのは嬉しい限りですから、
今後も色々企画してもらいたいなーと願っておきましょう(´ω`)


大洋をまたいだお使いイベントは疲れるます(´・ω・)

FC2blog テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム