FC2ブログ
七つの海のときどき航海日誌
七海生産者商会の会長が徒然と書き留めてみた大航海時代の由無しごと。
いやはや・・見事に嵐がやってまいりました。
シラクサ前で停泊していたあたしたちはいいようなものの、
海上で航行中だった皆さんは、船に損傷うけなかったでしょうか?

そんなわけで、レースもいよいよ終盤に差し掛かってきます。
シラクサを出航と同時に襲ってきた嵐は、
シラクサ前に大量の停泊船群を生む結果になりました。
みんな嵐の収まるのを今か今かと待ちわびています。
嵐は去ったようです

この一言が合図となって、各馬一斉にスタートっ
・・・ぁ・・・なんかちがいますね
ぞろぞろと

ぉ・・・重い・・・
みんながみんな一斉に帆を開き、西へと航行を開始します。
それこそまるでレースの再スタートさながら。
これがもう重いの何の・・・
真後ろから風を受けているはずなんですが、
れぶさんのジーベックをものともしない勢いで、
すすーっとクリッパーが追い抜いていっちゃいます。
これにはさすがに目を丸くするしかありませんでした。
速い船はとことん速いんですねぇ・・・

レースで多くの人が集まることもあってか、
東地中海は安全海域になっているとの情報。
これならなんの心配もなくサロニカに着けるかな~
なんてのんきに構えてましたが、さにあらず。
イオニア海に入った頃からちらほら見え始めたNPC海賊船が
あたしたちの航路上に、それこそ「これでもかっ」というくらいに
通せんぼをたくらんで、わんさか集っているんです。
NPC海賊につかまった艦隊は、集団からあえなく脱落、
レースはなんだか障害物レースの様相を呈してきました・・・

もやもやと・・
サロニカに着く頃にはみんなもやもやと、幸薄のオーラを出しています。
サロニカでは海賊の子分をちょっとお説教。
この子分、簡単に親分の逃亡先を白状しちゃいます。
う~ん、時間制限のあるレースとはいえ、
こう簡単に行き先がわかっちゃうと、ちょっぴりつまんなくも思えるかも。
謎解き要素なんかも盛り込むと素敵かもです。
船の速さじゃかなわないけど、灰色の頭脳があれば一番乗りも可能・・・
そんなのって素敵じゃないですか?

サロニカを後にしたあたしたち。
カンディア東の、帯状に連なる海賊の群れの中を真っ直ぐ突っ切って、
アレクサンドリアを横目に、狭いナイル川を奥へ奥へと遡上します。
ナイル川は上流まで、川幅いっぱいに埋め尽くさんばかりのNPC海賊。
周囲の艦隊が続々と捕まっていく中、れぶさんは巧みにこれをかわしていきます。
それでも2~3度は海賊につかまって、あわてて停戦協定状を引っ張り出して。
狭い河の途上なもんだから、海賊との距離がめちゃくちゃ近くて・・・
かなり焦りました

無事かどうだか・・とにかくナイル上流の上陸地点へ到達。
どこからか猫勘の呼ぶ声が聞こえますが、
肝心のねこさんの姿がみえず・・・
それどころか、れぶさんの姿も見失ってしまいました
どこ~?
泣いてても仕方がないので、周囲の人々について行ってみます。
どこにいるとも知れない、海賊の姿を求めて・・・

ひとだかり
見つけました!
って言っても、例のごとく人波に隠れて海賊の姿はほとんど見えないわけで・・・
・・・ESCキーをっと。

海賊に話し掛けると、深紫の宝冠とオパールの髪飾りを。
あと、子分をしつこく脅して(?)、金150樽をせしめちゃいました。
もちろん、海賊にも子分にも、何度も話し掛けないと、お宝はもらえません。
で、後から聞いたところ、この深紫の宝冠が、
先頭のゴールから5分以内に到達した人へのご褒美だったようで。
しかもあたしたちのついた頃がほぼ5分ギリギリだったのか、
少し後からきた人は、宝冠をもらえなかった様子・・・
なによりばっちり最短航路を駆け抜けてくれた、れぶさんに感謝なのです
(だってあたしは足引っ張っただけだし・・・
何を慌ててたのか、お料理も満足に用意できてなかったし・・・)

ふぅ~・・・
スタートからここまでおよそ1時間半、
緊張の連続でなんだかとっても疲れちゃいました・・・
まあせっかくなので、みんなで揃って記念撮影です。
撮影~
とかやってるあたしたちの目の前を、
まだまだたくさんの人が駆け抜けていくわけですけど・・・
舞台裏^^;

やっと落ち着いて航海ができそうです。
まずはカイロへ行って、もらったお宝を金庫へしまいこみましょう。
あ、耐久が・・・

あ・・・・あたしのも
最後まで幸の多くない航海な一日なのでした・・・。




さて。随分長くなりましたが。
後2回あるレースに挑むにあたっての、覚書をまとめときます。

 ○ イベントキャラは全員NPC
 少なくとも今回は、ですけど、
 イベントに関連するキャラは、全員NPCでした。
 人ごみに埋もれちゃう彼らを探し出すために、
 ESCキーを上手に使いましょう。
 (念のため:ESCキーを押しっぱなしにすると、
  NPCキャラ以外を非表示にできちゃいます)

 ○ 運営のメッセージをしっかり確認
 アムステルダムではスタートの5分前くらいに、
 運営のメッセージが流れました。
 この際ですから多少の人ごみには目をつぶり、
 よく聞いて、適確な行動をしちゃいましょう。

 ○ 補給は事前に
 スタートダッシュがいかに大切なものか、
 わかってましたけど改めて思い知らされました。
 レースの始まる前に、水食料はたっぷり積んでおきましょう。
 交易品なんてポイポイ
 お買い物は帰り道にしましょうね~。

 ○ 出航したら提督に追従
 海へ出たら、そこは船の群れの真っ只中です。
 あたりまえですけど、艦隊の同僚の船すら見えません。
 ここはおとなしく、提督に追従しましょう。
 (念のため:画面右下にある羅針盤の、そのまた「左下」に、
  ちっちゃな提督マークがあります。これをクリックすると、
  提督がどこにいようがたちどころに追従しちゃいます♪
  提督との距離があんまりにも離れすぎると効きません)

 ○ 艦隊の組み合わせ
 今回は夏の風が吹いてたせいか、ビスケー湾も横風で、
 追い風横風ばかりの、好条件でしたが、
 この先のレースで、同じような条件になるとは限りません。
 さらに、海賊の強襲を受けた後、スタートダッシュが必要です。
 そこで艦隊には、縦帆、横帆、ガレーなどを
 バランスよく組み合わせるといいかもしれません。

 ○ ヒントは確実にゲット
 聞き逃すとしゃれになりません。
 NPCには何度も話し掛け、これ以上情報がでない!
 って言うところまで食い下がりましょう。

 ○ アイテムと積荷は空けておく
 最後には褒賞が待っています。
 レースが始まる前に、いくつかアイテム枠を空けておきましょう。
 積荷は・・・まぁたどり着く頃には空いてるでしょうから・・・




たとえ5分以内にたどり着けなくても、
みんなでわいわい言いながら、遠路航海するだけでも楽しめます♪
なんにせよ、せっかくのイベントです。
皆さんも是非是非、次回その次と、
万事繰り合わせの上、奮ってご参加下さいまし♪


▲閉じちゃう▲