FC2ブログ
七つの海のときどき航海日誌
七海生産者商会の会長が徒然と書き留めてみた大航海時代の由無しごと。
途中まで書いたの消えちゃったけど・・・気を取り直して♪

先週末は謝肉祭のイベントをのぞいてきましたよ~。
仮面の女♪
ヴェネツィアの街に200人が大集合。
みんながみんなこーんな格好してるわけで・・・

ておさま~♪
ておさま~♪

テオドール・クライン>みなさんこんばんは
今日は謝肉祭の噂を聞いてやってきました
みなさんも謝肉祭の為にヴェネツィアにこられているのですか?
ポーリーヌさんは今日はいませんね
ふふっ でもみなさんに会えて嬉しいです
みなさんの仮面は謝肉祭で手に入れたものですか?
ふふっ 素敵な衣装ですね


やってきましたオバサマ達のアイドル!(?)
キザな二枚目吟遊詩人のておさまですょ
広場に彼の姿を見つけた人々が、われ先にと駆け寄って、
ぐるりと取り囲んでしまいます。ぺたぺた座るのもお約束。
あたしもちょっと混ざってみました♪
ん?何かいる?
え?後ろに何か見えませんかって?
・・・・・さぁ?

食堂横に突如現れたお菓子やさんや、教会前の占い師さんを案内してくれたておさま。
そのあとは教会の前で記念撮影モードに。
仮装で大集合
楽器忘れたorz
ておさまのヴァイオリンに合わせて、みんなで楽器をかき鳴らします♪
(ええ、忘れましたよ・・・・楽器。)

そしてておさまの生演奏
リサイタル~
幼い頃に拾った 綺麗な綺麗な石ころ
自分だけの宝物だと 心躍ったあどけない姿
彼は大いなる海原へ その身を投じた
あの頃の胸の震えを もう一度呼び戻すために
石ころを握り締めていた 小さな手は
やがて舵を握る 逞しい手へと成長する
彼は知るだろう 世界に広がる未知なるものを
彼は感じるだろう 数々の宝に秘められた想いを
だが彼の旅は 終わらない
彼の胸に広がる 新たな世界が
過去も未来も 果て無き海も
一つにつながる その日まで

・・・・キザ過ぎるょておさま・・・・
一曲終えると、ておさまはまた次の街へと旅立っていきました。

あとの時間は、せっかくみんな集まったんだからということで、
揃って記念撮影をすることに。
サンマルコ小広場で
商会HPのTOPには、吹き出しつきの特別版も公開中。
制服みたいだね^^
さらに、ドゥカーレ宮殿の大評議室でも並んでみました。
この部屋は、柱が一本もない、吊り天井という手法で作られた大広間です。
荘厳な雰囲気~
広間の後方には、横幅20mをゆうに越える、ティントレットの大作「天国」。
そのほかにも、ヴェロネーゼの天井画など、
ヴェネツィア派の巨匠達の絵画で埋め尽くされ、
さらには金箔で豪華に装飾された、この上なく贅沢な場所なのです。
きんきらきんだょ
なんかみんなが誇らしげに見えるから不思議♪

そんなわけで。
謝肉祭の一幕をお送りしちゃいました。
ほんとはもっと書いたんだけどなぁ・・・
こんどからはこまめに下書き保存しょ・・・


▲閉じちゃう▲