FC2ブログ
七つの海のときどき航海日誌
七海生産者商会の会長が徒然と書き留めてみた大航海時代の由無しごと。
ベイオルフさんにご入会頂きました♪
ラグーザで突然ご挨拶を頂いちゃってびっくりしたんですが、
お話してみると商会ショップをよくご利用いただいてるとのこと
お役に立てましたでしょうか~・・恐縮です
せっかくお声をかけていただいたので、商会へお誘いしてみたところ、
こころよくOKを頂きました♪

ヴェネツィアへご一緒して、ご入会いただいたあと、
だなさん、ゆーちゃんん、ねこさんがジェノヴァにいたので、
お顔見世を兼ねて~なんて思って3人に会いに行ったのでした~。

そこには試練が・・・
お話しやすいかな~と思って、
3人の艦隊に入れてもらったあたしたち。
しかし次の瞬間、3人の顔に不敵な笑顔が浮かんでいたのに
あたしは気がつきませんでした・・・

「んでさ」
「こっちの艦隊に入ったってことは」
「ジ ェ ノ ヴ ァ 商 船」
「商船一緒に行くんだよねっ!」
「この艦隊に入ってしまったのが運のつきですな・・・」


そういや3人、海事クエやってたんだったー!
うえ~ん、勘弁して~
ところがべいさんが乗り気みたいで、
「おじゃまじゃなければいっこうに構いませんけども^^」
あう~あう~

・・・
仕方ないね・・・
・・・
気合入れるか・・・
・・・

「ん、今何かが素通りした」
「いまさ…なんか凄いの通らなかった?」
「ん?」
「ボス角生えてたにょ」
「・・・・・( ゚Д゚)」

角でも生やさなきゃやってらんないわょ!
さあ、いつでもかかってらっしゃいっ!

死地へと赴くあたしたち・・

どっかんどっかんばきばきばりん
どかどかばきばきばりばりばりん

一仕事終えて一服~

ふい~
この戦闘でねこさんがアラガレ乗船可能なLVに到達。おめでと~♪
一仕事終えると、なんか疲れちゃいましたね~

べいさんにはいきなりハードな歓迎をプレゼントしちゃいました
でもそれをさらりと受け流して見せたべいさんの器の大きさに感心しちゃったあたしです。
「未完の大富豪」というひと言を頂いたんですけど、
ほんとにひょっとしてひょっとするかも~♪なんて思ったわけで
べいさんこれからもよろしくね~


▲閉じちゃう▲