七つの海のときどき航海日誌
七海生産者商会の会長が徒然と書き留めてみた大航海時代の由無しごと。
以前新海域調査の記事で触れた、太平洋横断航路について、
ちょっとだけ調べてみましたよ。

マニラ⇔アカプルコの太平洋横断航路は、
フィリピンに植民を開始して後には初代総督となった、
「ロペス=デ=レガスピ」さんが開拓したものなんだそうです。
レガスピさんといえばマニラの港にいる、
オセアニア諸語をぼったくり価格で教えてくれるおいちゃんですね(´ω`)
某イベントでの記念写真。(ぉ

レガスピさん。エレナつき。

私は この地をイスパニアの香料諸島における拠点とせんがため
さまざまな活動をしてきた
その過程で マゼラン殿のこの地における絶大な影響力に
いく度となく助けられてきたのだ…
マゼラン殿が行われた活動は私の理想であり 手本でもある
その縁者が窮地に陥るのを見て見ぬ振りなど許されようか
例え許されたとしてもマゼラン殿の英霊にそむいては
私の活動は失敗に終わるであろう


で、カッコイイこと言ってるこの ぼったジジイ おいちゃん。
出航元だったスペイン領のメキシコへの帰り道を確保するために、
部下達に航路を拓かせました。
おいちゃんはなんにもしてねーんでねが?
いあぃぁ、自分自身はフィリピンへの植民に忙しかったようで、
それどころじゃなかったんでしょうね。

部下たちに混じっておいちゃんの孫の乗った船は、
大西洋と同じように太平洋にも循環海流があるんじゃないかと予想。
黒潮に乗って一旦北上、北太平洋を渡りってカリフォルニアに到着、
そこから南下してアカプルコに帰り着きます。
当時の船で約4ヶ月の航路だったとか。
マニラ-アカプルコ

こうして確立された太平洋横断航路は早速両地域の交易に使われます。
主な交易品はこんな感じ。

●マニラ→アカプルコ
  中国産の絹織物・陶磁器・ヒスイ・香料・香木、その他東南アジア地域の名産品
○アカプルコ→マニラ
  メキシコ産の銀、カリブ産のカカオ・タバコなど

東行き航路の交易品に中国産のとあるのは、
レガスピさんがマニラを作った翌年にはもう、
商魂逞しい中国商人が乗り込んで来てたからなんですって。
逆に西行き航路の交易品が銀や一部の嗜好品だけなのは、
主な取引相手である中国が、すでに文化の成熟した国だったから。
一般的な産品じゃ交易の相手にしてもらえなかったんですね。
で、中国からの交易品をメキシコへ、メキシコからの交易品を中国へ送り出す、
いわゆる中間交易で主な利益をあげたんだそうな。

アカプルコに着いた荷物は、
陸路でメキシコ副王のいるメキシコシティー(DOL内ではテノチティトラン)へ運ばれます。
多くの交易品はヌエバ・エスパーニャと言われたこのメキシコで消費されますが、
一部の交易品はメキシコ湾側のヴェラクルスへ運ばれ、
また船に載せかえてスペイン本国へ運ばれました。
この航路、東南アジア西部や喜望峰といった他国の制海権を通らずに、
中国と直接交易ができる、という利点があったんですね。
こうしてマニラ商人は、イベリア商人がうらやむほどの利益をあげたんだとか。

この太平洋航路の交易は、俗称をマニラガレオン貿易、
または単純にガレオン貿易とも呼ぶようです。
こう呼ばれるようになったの理由は‥‥
「あんまりにも儲け過ぎてズルイぞ!」
とイベリア商人が国王さまに訴えたのが発端。
イベリア商人に丸め込まれた国王さまから、
「太平洋航路で1年に就航できる船は3隻まで!」
というお達しが出ちゃったのです。
この制限は、後にはさらに年1隻までという厳しいものになります。

それでも何とかしてたくさん儲けたいのが心情。
考えたマニラ商人たちは、
「それならば1隻で運べる量を増やしちゃえ」
と、超大型の船を作っちゃったのでした。

当時の最大級の船であるガレオン船。
これをさらに改良して、1000人もの人が乗れるような超大型ガレオンを作っただとか。
これらの船はほとんどが木材資源が豊かなマニラで造られたので、
通称マニラガレオンと呼ばれ、そのまま貿易そのものの名前にまでなったわけです。


DOLの世界では、南米西岸の名産を東南アジアへ運んでがっかりした‥‥
なんて話も聞きますけど、こんな歴史を踏まえてみれば、当然といえば当然かも?
そもそもマニラはただの貿易中継点で、東からの交易品はほとんどが、
中国へと運ばれて消費されていたそうですしねえ。

それから、マニラができたころには「マニラガレオンが埋まってるんじゃないか?!」と、
せっせと投資をされた方がいらっしゃったみたいですけれど、
マニラで造船できるのは、結局ダウとサムブークだったり‥‥
実際には造船所が港に近いのだけが売りで、
造船修行の職人さんは集まってるんですけどね(´д`)


ちょっと調べてみると背景がわかっておもしろいますね(´ω`)
中国実装されたら銀もってくぞー!
とかも考えちゃったりとか‥‥気が早すぎですかね(o_ _)o
こえたんにはせっかくなので、史実を踏まえていろんな可能性をみせてもらいたいなあ~
と、思うのでアリマシタ。


ブログランキング参加中。
お気に召したら押してください幸薄ボタン。
ぽちぽち。
幸薄ボタン


FC2blog テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム